HOME > スポンサー広告 > title - 1000人!?の女性のおっ○いを吸った社長HOME > [ニュース]妊娠出産赤ちゃんニュース > title - 1000人!?の女性のおっ○いを吸った社長

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は何位?ランキング♪
⇒FC2 Ranking⇒にほんブログ村⇒人気blogランキング
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

1000人!?の女性のおっ○いを吸った社長

2007.05.17(13:44)
皆さんも小さい頃、お世話になったであろう哺乳瓶。粉ミルクやしぼった母乳を飲ませる時などにに欠かせないアイテムの哺乳瓶ですが、「限りなくお母さんのおっぱ○に近い」哺乳瓶をつくるためになんと!1000人の女性のおっぱ○を吸って出来たものだそうです。

その社長さんとは、…⇒Ranking あの育児用品メーカー「ピジョン」の創始者の方。昭和24年に発売した日本初のキャップ式広口哺乳瓶が思うように売れず、傾きかけていた会社を救うべくその社長さんが起こした行動がなんと、“おっ○い行脚”。昭和30年代の約6年間にわたって、女性のおっ○いを吸っては研究データを集めていたという。

出産経験のある水商売の女性に応分の謝礼を払って、吸わせてもらっていたそうです。もちろん名刺を渡して、身分と目的を明らかにしてからです。社長さんにとっては、真面目な研究の一環だったようです。

吸った後に大事なのは、彼が頭の中にその感触を残して改良につなげること。哺乳瓶の乳首はゴムの硬さや質感、また口に含んだ時の感覚、大きさや伸びなど、実に複雑な要素で作られている。改良に改良を加え、「限りなくお母さんのおっぱいに近い」哺乳瓶は、こうして作られていったのだそうです。同社は現在も哺乳瓶の研究を“科学的”に続けている。

赤ちゃんはきっとこの世で一番、難しい消費者。ちょっとでもゴムが厚かったり、先っぽの部分の伸びが甘かったりすると、口にくわえてさえくれないんだそう。話が聞けないだけに、赤ちゃんになったつもりでおっ○いを吸いまくったピジョンの社長さんの行動には、感心させられるばかりですね。

ピジョンの哺乳瓶をみたら、ふと研究熱心な社長さんの事を思い出してみて下さい。


赤ちゃんの舌やアゴをきちんと運動させるピジョン哺乳びん 200mLサイズ S 耐熱ガラス製

ピジョン 哺乳瓶色々
スポンサーサイト
新着記事etc.
1000人!?の女性のオッパイを吸った社長
理想の母親ランキング…あの人がナンバーワン
こんなにいる!芸能人できちゃった婚事情「仕事」より「結婚」?
[名付け]赤ちゃんの名前ランキング最新版


今日は何位?ランキング♪
⇒FC2 Ranking⇒にほんブログ村⇒人気blogランキング

<<ZARDの坂井さんの事故…驚きました | ホームへ | 理想の母親ランキング…あの人がナンバーワン>>
コメント
その社長さんの情熱と行動力はすごいですね。本当の愛がないとできないことだと思いました。
【2007/05/19 09:45】 | けいじ #- | [edit]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2007/09/05 23:52】 | # | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://chuzetsu.blog93.fc2.com/tb.php/25-b0b872fa
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。