HOME > スポンサー広告 > title - 妊娠初期の出血の種類と対処法HOME > [妊娠初期と生理前症状]初期妊娠の兆候【出血】 > title - 妊娠初期の出血の種類と対処法

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は何位?ランキング♪
⇒FC2 Ranking⇒にほんブログ村⇒人気blogランキング
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

妊娠初期の出血の種類と対処法

2007.03.18(04:39)
妊娠初期の出血にはさまざまな種類があるようです…⇒Ranking 絨毛性の出血
絨毛性の出血が一番多いパターンだと思います。絨毛性の出血は胎盤を作る過程で起こる出血です。 量は少量で茶色〜赤色です。
赤ちゃん側のの絨毛細胞が子宮内膜に入り込む過程で、子宮の内膜の血管が破綻して起こる出血です。
安静にしていれば大丈夫です。ただ、エコー上で子宮内の出血の範囲が広くなってきた場合は入院治療も必要になることがあります。

着床時床出血
受精卵が子宮の内膜に入り込む着床過程で起こる出血です。
排卵後卵管内で受精し、その後卵管を通り1週間ぐらいで子宮にたどりつきます。
その後、数日かけて子宮内に入り込みます。その時期に出血することがあります。ですので時期的に予定月経と同じ時期に起こるので私のように生理と間違える方もいます。
出血は、月経に比べて少なくあっという間に終わってしまうのでいつもの生理と違うかも?と妊娠を疑う人もいます。
 
膣炎・膣びらん
茶褐色で少量の出血
膣が炎症をおこしたり、ただれた状態。特に処置はなく心配はありません。

切迫流産
妊娠初期は胎嚢(たいのう)の周りの妊娠組織が子宮内の粘膜を壊しながら入り込んでいくため、そこでは常に微少な出血が起こっていて、同時に吸収されています。妊娠初期の出血の多くは、この出血が時に吸収されずに子宮内にたまったり、外に流れてくるものと考えられています。
流産の場合は正常に組織が形成されないことも多く、出血が外に出ることが多ようです。
少量の子宮出血が断続的にみられる場合が多い。出血量は多いほうが流産の可能性が大きく、下腹部痛を伴うこともあります。
早めに受診しましょう。

子宮外妊娠
子宮腔以外の部分への受精卵の着床をいう。
下腹部痛といつまでも出血が続く。時には激しい腹痛がある。
出来るだけ早く産婦人科で検査を受けてください。

胞状奇胎
胞状奇胎は、受胎後すぐに現れることが多く2〜4ヶ月頃から症状が現れ、子宮内の奇胎が急速に成長するため通常の妊娠より早くから子宮(お腹)が柔らかく、大きくなるのが特徴です。この病気ではほとんどの場合、胎児は形成されないか妊娠のごく早期に育たなくなってしまいます。
暗赤色のおりもの、少量の出血が出たりとまったり、いつまでもだらだら続く、つわりがひどい、奇胎組織の急速な発育により子宮が大きく柔らかいという特徴があります。
妊娠初期から見られるむくみや高血圧など妊娠中毒症のような症状があります。
産婦人科に行って医師の指示に従ってください。

子宮頸管ポリープ
血は茶色で、少量だが症状が出ない場合もある。
炎症がきっかけで子宮頸管の粘膜が増殖し、キノコのようなできものができる。茎を持つために子宮頸管から膣の方へ出る時もある。
30〜40代の多産婦に多くみられます。がんなど悪性のものに変化することは、ほとんどないようです。

流産
妊娠初期の出血=流産と考える人が多いようですが、痛みや出血がまったくない状態で、流産と診断される場合もあります。反対に少量の出血があっても、正常な場合がある。

芸能人有名人の妊娠出産ニュース
妊娠出産赤ちゃんニュース
妊娠出産色々ランキングを集めてみました♪
スポンサーサイト
新着記事etc.
1000人!?の女性のオッパイを吸った社長
理想の母親ランキング…あの人がナンバーワン
こんなにいる!芸能人できちゃった婚事情「仕事」より「結婚」?
[名付け]赤ちゃんの名前ランキング最新版


今日は何位?ランキング♪
⇒FC2 Ranking⇒にほんブログ村⇒人気blogランキング

<<出産前まで妊娠気付かぬワケ | ホームへ | 妊娠の吉兆?生理前の症状?妊娠検査薬について>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://chuzetsu.blog93.fc2.com/tb.php/10-238b88f1
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。